駅すぱあと ヤフーで見る「駅すぱあとオンライン」
駅すぱあとの活用方法。仕事でも使えるし、旅行先でもつかえる駅すぱあと!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅すぱあと 乗換案内検索のコツ
駅すぱあとには便利な乗換案内検索機能がたくさんついていますが、逆に機能が多過ぎて絶対に使いそうもない検索結果まで出てくることがあります。

例えば、無料で乗れる快速や特急であれば良いのですが、有料特急などが走っている路線だとそういった特急に乗っていく乗換案内までが表示されます。
中には、到着地を特急で通過して、先の駅から普通電車で戻ってくるような乗換案内も出たりします。

この場合だと確かに一番早かったりもしますが、普段のビジネスやショッピング程度の移動では、有料特急に乗ることは少ないですよね。

そんな時のために、駅すぱあとでは検索前に事前の設定をしておくと、無駄な乗換案内は出てこなくなります。
駅すぱあとで検索する場合に「飛行機」「新幹線」「有料特急」というところのチェックボックスでチェックをはずせば、新幹線や有料特急などの乗換案内が排除されます。

また、スピードを重視しすぎると、駅すぱあとでは途中で快速に乗り換えたりなどややこしい乗換案内が出ることも多いです。
出発時間が迫っているのであれば一番早く目的地に着く方法を取ればいいでしょうが、ある程度出発時間に余裕があるなら、乗換回数の少ない順に表示させるといいですね。


スポンサーサイト
駅すぱあと 乗換案内の便利機能
駅すぱあとには乗換案内検索などで便利な機能がたくさんあります。

例えば、ツールバーにある[入力経路履歴の表示]ボタンをクリックすると、以前乗換案内を検索した履歴がズラッと出てくるので、同じ路線を調べるのであればこの機能が便利です。

また、目的地が複数入力できるので、そこに駅名をいくつか入れると出発地から入力した順に目的地を経由し、一番下の目的地に着く乗換案内結果が出る機能もあります。経由地が決まっている場合に便利ですね。

また、指定した駅から距離やかかる時間を指定して、その範囲に含まれる駅を全て表示する機能も駅すぱあとにはあります。

その他には、乗換案内以外にも指定した駅周辺の地図やお店などを調べることができたり、ランドマーク登録をして、会社や自宅から目的地までの経路を調べる機能もあります。

駅すぱあとの乗換案内検索の結果をメールで送ることもできます。
探索結果を選んだら、ツールバーにある[メール送信]ボタンをクリックするとメールソフトが起動し、送りたい先に検索結果の内容が文字情報となって送信されます。

簡単な乗換案内ばかり使いがちですが、時間のある時にじっくりと駅すぱあとを使いこなしてみてください。


駅すぱあと ヤフー路線情報などを使う日本人気質
駅すぱあとの利用者が増えています。企業の経理を担当される方たちも確実に手早く交通費や定期券などの清算をするために利用しているところが多くなっているようです。日本人は「タイム イズ マネー」といわれるように、時間がお金を生むような気質がありますよね。時間厳守はその人の人間性を物語るようなイメージ(笑)そんな日本人の気質にとても良くあった駅すぱあとというシステムは、ビジネスマンにとってなくてはならないものになっています。欧米諸国、日本でも沖縄あたりでは、乗り物は遅れることは当たり前、来るまでのんびり待とう!とい気質があるので、きっと駅すぱあとのようなシステムは日本だけではないでしょうか。
ヤフー路線情報のように簡単に無料で検索できるシステムがあるのにもかかわらず、お金を払ってまで、時刻表や乗り継ぎ、料金などなどを調べるのですから本当に几帳面な国民性なのだと思います。それにしても駅すぱあとはかなり便利です。ビジネスマンにとっては手放せないものになっているのではないでしょうか。


駅すぱあとで始発や終電を乗換案内
駅すぱあとには、日時指定の検索方法のほかに、始発や終電での乗換案内検索が可能です。

とにかく出発地の駅から始発で乗りたいという方は、出発地と目的地を入れて[始発]ボタンをクリックすると出発地の始発電車に乗って行く乗換案内が表示されます。

逆に今いるところから目的地までの終電を調べることもできます。
仕事が遅くなったり、アフター5が盛り上がったりする時でも、駅すぱあとの乗換案内で終電を調べれば、間違えることなく無事家まで帰ることができますね。

ただ、始発の場合は早朝なので、乗換回数の少ない乗換案内結果で行ったほうがいいです。私も経験がありますが、居眠りをして乗換する駅を過ぎてしまったりする可能性があるからです。

また、終電の場合も同様に、居眠りして乗り過ごす人が多いのですが、始発と違って戻る電車がなくなったりするのでダメージはこちらの方が大きいですよ。
終電検索は間違えないためにも、疲れたり酔っ払ったりする前に駅すぱあとで乗換案内を調べておいて下さい。できれば終電検索をして、1本前の電車に乗ることをオススメします。もし遅れてももう1本ありますからね。



駅すぱあと ヤフーケイタイにも対応!
駅すぱあとは、通常はパソコンおよびインターネット版の使用ですが、モバイル版の駅すぱあともあってとても便利です。
駅すぱあとモバイルですが、iモード、EZweb、ヤフーケータイのほか、ウィルコム、Lモードにも対応しています。インターネット上でできることは携帯でもほとんどできるようになっています。基本的なメニューとしては、ダイヤ探索、経路探索、最寄駅から出発、終電探索、時刻表検索、定期券探索、出口・施設案内、地図検索、検索結果のメール送信機能、鉄道待受画像、耳よりばなし、12星座占い、個人ページ(よく使う駅・空港の登録など)、スカイマークエアラインズ サイトへのリンク(空席照会・座席予約が可能)などです。ダイヤ探索、経路探索、終電探索、時刻表検索などはとても便利です。家での検索はインターネットからで、旅行先、出張先など、外出先からの剣先はモバイル版の駅すぱあとがとても便利ですね。ぜひ、利用してみてください!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。